むつごろう 採るな騙すな(だますな) 眼(まなこ)見よ

有明海の干潟に棲息するむつごろう。
愛嬌のある風貌と泥まみれの干潟で
跳ね回る動きの面白さ。柳川の鮮魚
店で売っているのを見た。食べては
いけない。あの眼を見てごらん。と
ても食べられるものではないでしょ
う。

この句も読まれています。

柿 若 葉 住 め ば 都 と ふ っ 切 り て... かきわかば すめばみやこと ふっきりて 五月は新緑の季節。 樹々の若葉が野山や街をいろどります。 「萌黄(もえぎ)」という色は、鮮やかな黄緑ですが、樹々の若葉はけしてこの色に限ったものではありません。 木の種類によって、また成長の度合いによって若葉の色は変わります。 柿若葉。 まるでアブ...
ご う ご う と 芽 吹 き の 音 や ど の 幹 も... ごうごうと めぶきのおとや どのみきも 春が間近です。 もう芽を吹く寸前の樹々。 幹の中は、春の息吹に遅れまいと栄養を行き渡らせ、万全の準備を整えているところでしょうか。 桜ももちろん、名も知らぬ若木まで。...
張り替えて 秋の西日の 障子張り 商事を張り替えた。夏の日差しで黄色に変色していたから。なぜにそんな元気が出たかというと、仕事が決まったから。なぜか、面接って、前の職場を辞めたわけを聞きたがる。嘘八百言うてやった。いじめられて耐えられなくなったからなんて、言えるわけないじゃないの。障子は布にした。近所の生地屋さんが夏のバーゲンやって...
落 ち 葉 踏 む 孤 愁 の 街 の 石 畳 おちばふむ こしゅうのまちの いしだたみ 佐世保。 旧日本海軍の街。 そして米軍の軍艦の寄港地でもあり、立派な道路が走り、軍港をぐるっと巡る道路もさすがに立派です。 そして近年は、ハウステンボスなる、広くてただ疲れるだけの観光地も出来、観光客を集めています。 人びとの暮らしも、昔から変わらずそこに...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください