むつごろう 採るな騙すな(だますな) 眼(まなこ)見よ

有明海の干潟に棲息するむつごろう。
愛嬌のある風貌と泥まみれの干潟で
跳ね回る動きの面白さ。柳川の鮮魚
店で売っているのを見た。食べては
いけない。あの眼を見てごらん。と
ても食べられるものではないでしょ
う。

この句も読まれています。

パソコン いろんなとこ、ペコペコ押してるから、 おかしくなるんじゃないの! んモウ
大晦日 日が暮れて今 息をつく 年末の大晦日まで、いろいろうっとうしいことが続きます。 まったくもう、なんだろと思うくらいです。 やっと紅白歌合戦が始まるころになって、ちょっと一休み 一服熱いココアを飲みます。  疲れた。 今日も、今年も。...
春隣(はるとなり) 切子グラスに 当たる陽に... 春が近いと実感すること増えたこの頃。 テーブルに置いた切子の小さなグラスに あたたかい陽射しが届いて、きらりと 光ってとても綺麗です。わたしは何でも かんでもマグカップで済ます情緒のない 人間ですが、この時はワインはワイング ラスで、日本酒はお猪口で、ビールはプ レミアム特製グラスで飲もうと思いまし...
巻き頭 やっとこ支えて 桃色椿 それはそれは見事な花を咲かせる椿なのです。 爺ちゃんの庭から持ってきた、桃色つばき。 短く切って、緑色のガラスのコップに、小さい剣山を 入れて、大きな頭の、短い椿を挿しました。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください