むつごろう 採るな騙すな(だますな) 眼(まなこ)見よ

有明海の干潟に棲息するむつごろう。
愛嬌のある風貌と泥まみれの干潟で
跳ね回る動きの面白さ。柳川の鮮魚
店で売っているのを見た。食べては
いけない。あの眼を見てごらん。と
ても食べられるものではないでしょ
う。

この句も読まれています。

出 柩 の 合 図 の 泣 い て 凌 霄 花(は な)の 落 つ... 1976 Cadillac Miller-Meteor Hearse / That Hartford Guy あの世に旅たつ人の、最後の声のように聞く、霊柩車のクラクション。 走馬灯のように、思い出が巡る。 はなむけだろうか。 ノウゼンカズラの、オレンジのあざやかな花が落ちた。 花の形そのままに。...
惜しんでも 行く春のあり 去る人のあり... h春はゆく。季節は変わる。人もそう。なんだかあたしのまわりからは人が消える気がする。
映画館 出て春雨の 降りそぶり... 映画館を出たら、お天気が変わっていることは、よくある。 映画の余韻を抱えながら、春の雨を見る。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
放 牛 の 烙 印 大 き 阿 蘇 の 露 ほうぎゅうの らくいんおおき あそのつゆ 人間というものは、残酷でどうしようもない。 阿蘇に放されているウシには、自分のものだという大きな焼印が背中に付けられています。 どうして、タグではいけないのでしょう。 痛みはいかばかりか。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください