みなぎりて ダムの湖水は 秋の空

いつどこで見ても、水はいい。
流れても、流れなくても。
空気が澄み、水は秋の空や樹々を映す。

この句も読まれています。

餌 と 決 む る 眼 左 右 に 木 葉 木 菟... えときむる まなこさゆうに このはずく 迫力があります。 夜行性です。 木の枝だけでなく、人通りのない、使われない錆びた門扉の上に、目を瞑って動かずにいるのを夕方遅くに見たことがあります。 眼は瞑っているように、遠目には見えたのですが、よく見ると薄眼を開けて様子を伺っていうようなのです。 首を動か...
冬の雷 一戸一戸(いっこいっこ)を どやしつけ... どやすとは、京言葉なり。たいへんな雷であった。 隣に落ちたかと思った。それも何度も。 窓ガラスがびりびり音をたてた。 むかし、宇宙戦争というつまらない映画を見たが、 宇宙人が地上に降りるときに、激しい稲光と雷を伴った。 宇宙人が来るのではとちょっと恐れた。...
冬桜 ふとたじろいで ときめきもせず... 冬に桜を見ると、ふと足を止め、見はするが、さほど感激はしない。やはり咲くときに咲くのがいいのか。返り花も好き ではない。...
第55回 全国俳句大会 主催 俳人協会... 入選 春 愁 や 追 伸 長 き 手 紙 来 て 三村純也先生 選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください