みなぎりて ダムの湖水は 秋の空

いつどこで見ても、水はいい。
流れても、流れなくても。
空気が澄み、水は秋の空や樹々を映す。

この句も読まれています。

お 立 ち 酒 先 の 苦 労 に 亀 の 鳴 く... おたちざけ さきのくろうに かめのなく 「 お立ち酒」 宮城県の民謡です。 嫁に行く娘を思う親の想いを唄ったものです。 「名残り情けのくくみ酒。 はやり風邪など引かぬよに」 哀愁を帯びた尺八の音色にのせて唄われる抒情たっぷりの民謡です。 嫁に行くことは、苦労を背負うこと。 それが少しでも軽くあり...
ほ〜ほけきょ 続けて三度 大人鳴き... うぐいすが、少し前までは、鳴く練習をしていた。 聞くともなく聞いていたが、今朝ホ~ホケキョと、立派に三回も鳴いた。 同じ鶯のような気がする。 よくやった。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
朱 欒 剥 く 親 指 埋 ま る よ う に し て... ざぼんむく おやゆびうまる ようにして ザボン。 木は大きく育ち、その実は、大きいものでは2キロほどにもなるといいます。 果肉が厚いことが特徴で、それを砂糖漬けにしたりもします。 少し苦味があります。 そんなですから、皮をむくのはけっこうたいへんで、両端を切り落として、親指を突っ込むようにして、...
京 訛 り な れ ば 金 魚 屋 一 尾 足 し... きょうなまり なればきんぎょや いちびたし 京都の言葉のやさしさ、九州の人間の耳には、ことのほか魅力的。 金魚屋め。 若い美人に弱い。 高級なデメキンを。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください