さ ば 読 み て 干 支 は 迂 闊 に 山 笑 ふ

さばよみて えとはうかつに やまわらう

年齢を聞かれて、ふたつみっつサバをよんだのでしょう。
干支を聞かれて、ウッと詰まってしまいました。
そこまでは考えてなかったか。
そこつ者。
正直に言えばよかったものを。

この句も読まれています。

言 ひ 足 ら ず 説 明 し 過 ぎ て 寒 の 水... 言葉足らずで誤解を生んだのではないかと心配になって、ちょっと言い訳がましくなって言わなくていいことまで言い、こんなことまで自分のこと喋ることはなかったと後悔することがあります。 そんなときは、「今更悔やんでもしょうがない。これからは、挨拶以外は一生黙っていよう」と、思うのだけれど、そうもいきません。...
吸うてるか 吐いているかも あやふや炎暑... t体温より空気が暑い。道路に蜃気楼。秋は短いらしい。
夏 草 や 廃 工 場 の ド ラ ム 缶 廃バンカー / koziro 生い茂る雑草、もうどうしようもない。 使われることのない建造物の荒れ方は どうだろう。 鉄は錆び、ガラスは割れ、かつての活況 は見る影もない。 夏草は工場の向かいの空き地、と言って もちょっとした遊具などあるだけだけど ベンチもなにもかもを覆い尽くす。 どうせ子どもなど...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください