さ ば 読 み て 干 支 は 迂 闊 に 山 笑 ふ

さばよみて えとはうかつに やまわらう

年齢を聞かれて、ふたつみっつサバをよんだのでしょう。
干支を聞かれて、ウッと詰まってしまいました。
そこまでは考えてなかったか。
そこつ者。
正直に言えばよかったものを。

この句も読まれています。

ペ ン 先 の カ ル テ ち ら と 見 秋 の 雲... ぺんさきの かるてちらとみ あきのくも 少し前まで、手書きだったと思うのです。 パソコンになって、年寄りは大丈夫? ろくに顔も見ないで、病気の、わたしの何がわかるのかとの不満をあちこちで聞きました。 経験から、じーっと見つめなくても、医師は体調や抱えている問題の大きさを測ることはできるのでしょうが...
本 箱 は り ん ご 箱 と て 当 た り 前... ほんばこは りんごばことて あたりまえ 小学生の頃、木製の勉強机は普通だったけれど、その上に、包装紙で自分で化粧貼りした、りんご箱を置いて使っていました。 四畳の部屋に妹と二人。 別に当たり前だと思っていました。 父親は公務員だったけれど、身の程知らずで子どもは三人もいて、生活は貧しかった。 蚕小...
あ っ ち 跳 ね こ っ ち 跳 ね し て 大 霰 (あられ)... 八幡はうっすら雪景色。車移動に支障なし。今は細かいあられ。 / bm.iphone 古い家の屋根と壁を塗り替えた。 白い壁と黒い屋根、雨樋のところの縁は深い緑になった。 塗装屋さんが言うには、色見本より実際は薄い色になるとのことで、色も塗料の種類もほとんど全てアドバイスに従った。 冷たい雨が降る前...
空 手 (からて) 子 の 突 き 出 す 拳 (こぶし) 夏 が 来 る... 幼い子どもが、空手の白いユニフォームを纏い、裸足で稽古。 突き出す拳の可愛らしいこと。 顔は真剣。あどけないながらも、きびしいところがおもしろい。 さあ、暑い夏が始まる。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です