人 想 ふ 逃 げ 水 追 ふ て 懲 り も せ ず

ひとおもう にげみずおうて こりもせず

遠くに水たまりが見えるのに、近づくと何もない。

これは、地表の空気の温度差によって、光の屈折がおこり、実際にはないものがあるように見える現象だそうです。

蜃気楼のようなものでしょうか。

高速道路などで経験したようなあれでしょうか。

好きな人も同じこと。たどり着かないうちに、遠くなる。

追えば追うほど遠くなる。

そんなのばっかり。

この句も読まれています。

秋夜長 留守居(るすい)に回す 回覧板... 仕事があるので、回覧板は夜に回すことが多い。 電灯の灯らない留守の家に、回覧板を入れる。
梅雨はまだ 中休み蝉 ひとしきり 何日も大雨が振り続いて、ちょっと今日晴れ間。 また明日からは、降るらしい。蒸し暑い日。 自然はよくできたもので、地面の下で、8年も過ごすという蝉は、梅雨が開けるまで、出てこない。 バカちんアブラゼミが、一匹だけ鳴いたそうだ。テレビがいっていた。...
病 室 に し ゃ べ り 通 し て 鰯 雲 見舞いに行って、顔を見た途端どきっとしたことはありませんか。 病院ってところは、病人をつくるのではないかとさえ思う。 しばらく入院すると、ひとまわり小さくなって、色が抜けて、笑うと余計痩せた顔が強調され、ドギマギして、つまらない近況や、共通の知人の噂話などを何故か早口に喋り、また来るなんて言って、に...
日記とは 苦しきときのみ 書きおりて... 毎日日記を付けるのは苦手。どうしようもない不安を抱えたときだけ、書く。それもあまりに大きいときは、書けない、そんな余裕はない。それで三年日記も空白だらけ。捨てようかと読み返してみるが、途中でやめた。そのときの苦しい気持ちがよみがえって、やめた。捨てることもできず、引き出しの奥にしまった。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください