人 想 ふ 逃 げ 水 追 ふ て 懲 り も せ ず

ひとおもう にげみずおうて こりもせず

遠くに水たまりが見えるのに、近づくと何もない。

これは、地表の空気の温度差によって、光の屈折がおこり、実際にはないものがあるように見える現象だそうです。

蜃気楼のようなものでしょうか。

高速道路などで経験したようなあれでしょうか。

好きな人も同じこと。たどり着かないうちに、遠くなる。

追えば追うほど遠くなる。

そんなのばっかり。

この句も読まれています。

福子の 職場 いじめられ日記(4) 福子の職場には、定例会があります。 本店も支店も一緒に集い、なんだか んだと研修まがいのことをする。こ の研修のあと、ご飯を一緒に食べる のが慣習となっているのですが、何 かやむを得ない用事があるときは、 食べないで帰ることを許される。そ こに目を付けたのがわたし。研修は ともかく一緒にご飯を食べる...
立 葵 身 の 丈 を 知 る 雨 に 立 つ たちあおい みのたけをしる あめにたつ 西アジア原産の多年草です。 花期は6月から8月で、下から上に咲き登っていきます。 むかしは薬用として用いられ、いまでもマシュマロ作りには欠かせないとか。 ちょうど梅雨入りのころ咲き始め、梅雨明けのころ咲き終わるため、咲き具合を見て、あとどのくらいで明け...
盆 の 月 息 災 な り か 無 理 す な と... ぼんのつき そくさいなりか むりすなと 八月は、死者を想う弔いのときです。 原爆忌、終戦日、そしてお盆です。 旅たった身近な人たちが、このときくらいはわたしのことも心配してくれているような気がするのです。...
四 温 来 し た び 三 寒 を 忘 れ お り... しおんこし たびさんかんを わすれおり 三寒四温、これを繰り返しながら春へと近づいていくと聞いてはいるのですが、毎年体験しているのに、さむいさむいと凍えているものだから、ちょっと寒さが緩むと、ああこれで春になると、寒さがぶり返すことを、寒の戻りがあることを、つい忘れてしまうのです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください