かやの葉が 折れんばかりに 白露かな

わたしはかやが好きです。
小さな株があっという間に大きくなって、ほとほと困るのも本当ですが、
かやは秋の象徴です。
狭い狭い玄関先にかやが生い茂って、秋の風情というよりも、空き家の風情です。

この句も読まれています。

葬 儀 屋 の 会 員 と な り 今 年 米 そうぎやの かいいんとなり ことしごめ 友だちに勧められて、葬儀屋の会員になりました。 毎月3000円を、30万になるまで、積み立てるそうです。 慌てて、葬儀屋に飛び込むと、勧められるままに、よけいなセットや、派手で高級な棺おけを発注したりすることがよくあり、ものすごい負担増になりがちだとか。...
簾(すだれ)越し 炎暑の世間 覗き見る... 網戸にぎりぎり簾を立て掛けた。もしかしたら、風通しが悪くなるかと思ったが、日差しが大きく遮られて、なんか涼しい気がする。小さな居間に出入り口ふたつ、窓が四つある。遮光の黒い、ホームセンターで売ってるものを買って見ようか、もっといいかもしれない。夏は簾、蚊取り線香、ゴザに限る。エアコンまでもう少し粘...
秋灯に 栞(しおり)の紐の 新しき 新しい本の匂い。インクの匂いか、紙の匂いか。 真ん中あたりのページに、ぺったりと張り付くように挟まった 栞替わりの紐を引っ張り出すのも楽しい。 本屋のカバーをとって、和紙のかわいいものに変えた。 眠れない夜に。少し元気なときの時間つぶしに。...
霾 を 洗 い 流 せ と 小 糠 雨 つちふるを あらいながせと こぬかあめ つちふるとは、黄砂の古い呼び方とか。 ゴビ砂漠あたり、中央アジアから海を超えて飛んできていた、まあ春の名物だったものが、中国を経由するあたりで、身体に良からぬ物質とくっ付き、以前とは比較にならない量となり、風流とか季節感とか言ってられない状況のようです。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください