かやの葉が 折れんばかりに 白露かな

わたしはかやが好きです。
小さな株があっという間に大きくなって、ほとほと困るのも本当ですが、
かやは秋の象徴です。
狭い狭い玄関先にかやが生い茂って、秋の風情というよりも、空き家の風情です。

この句も読まれています。

枇 把 を 剥 くと きに 一 心 不 乱 な り... そろそろと傷つけないように神経を張りつめて。 我ながら馬鹿じゃないかと思う。 わたしには抱えきれないほどの悩みごとがあって、心はいつも千々に乱れている始末。 それが何故いま、必死に枇杷を剥いていられるのか。 大したことないのか。...
春浅き 花に雪舞う しだれ梅 このごろの天気の移り変わりの激しさはなんでしょう。 そして二月半ばを待たずして、梅はもう終わりかけています。 またちらちらと雪の舞う日があります。 みぞれのような冷たい雨もあり、 今朝は台風のような、春一番が吹き荒れ、 いまはどしゃぶりの雨、あしたはあがるのでしょうか。...
寂しさが 渦を捲き来る 虎落笛 冷たい風が、電線をうならせて、ヒューヒューとなんともやりきれない音を出す。 コートの襟を立てて歩く。寒さは変わらない。悲しみ寂しさが自分を真ん中にしてつむじ風を起こしているような気が する。虎落笛のなく日は、こころが凍える。...
寒牡丹 童(わらべ)のごとし 藁(わら)帽子... 寒牡丹は、麦わらの帽子をかぶされている。 その上に、雪が積もっている。 わたしは今まで、恥かしいことだけど、寒牡丹は温室にあると思っていた。 一般の牡丹とは、種類が違うことを今年知った。 藁の笠がかわいらしい。 うちの牡丹が咲くとき、貸してほしい。 季節がちがうから。 一般の牡丹が咲くころは、牡丹に...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください