かやの葉が 折れんばかりに 白露かな

わたしはかやが好きです。
小さな株があっという間に大きくなって、ほとほと困るのも本当ですが、
かやは秋の象徴です。
狭い狭い玄関先にかやが生い茂って、秋の風情というよりも、空き家の風情です。

この句も読まれています。

春深し 青葉の映る 影法師 春もたけなわ、桜も終わり、そろそろつつじも満開を迎えようと しているこの頃、日向と日陰の違いがはっきりとしてきて、 日差しが強くなってきたからでしょう、青葉の葉先まで映すような 日陰が出来るようになりました。...
ゴ ッ ホ 描 く 狂 病 院 の 秋 の 花 ずいぶん前になるかと思う。 ゴッホ展を見に行った。 天才だと思っていたが、確かに、計り知れない才能があったことは確かだろうけれど、これほど努力の人とは知らなかった。 描き直し描き直して、カンバスや絵の具は、とても高価な物のようで、上描き上描きを重ねていた。 確かに世間で言うように、精神を患っていたの...
熱燗の しびるるままに そのままに... ただ喉を越すそのときだけは、何も思わず考えず。 のしかかり、責めて来るいくつかの十字架をほんの一瞬おろす。...
畦の間を 秋の水行く 冷たく細く 田んぼの畦の間の細い細い用水路に、川の水が引き込まれます。 秋の水です。 冷たい水です。 細く細く、でも勢いはあるのです。ちょろちょろでも、しっかりと水量と水勢はあるのです。 頑張っているのです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です