かやの葉が 折れんばかりに 白露かな

わたしはかやが好きです。
小さな株があっという間に大きくなって、ほとほと困るのも本当ですが、
かやは秋の象徴です。
狭い狭い玄関先にかやが生い茂って、秋の風情というよりも、空き家の風情です。

この句も読まれています。

貝 寄 せ の 浜 に 秋 風 桜 貝 かいよせの はまにあきかぜ さくらがい 津屋崎に、貝寄せの浜と呼ばれる、砂の海岸があります。 なんの加減か、潮の流れか、貝殻がよく波に寄せられるといいます。 もう海風は、すっかり秋で、羽織るものがないと、寒いです。...
辛夷(こぶし)咲く 薄き縁(えにし)の 人想う... 辛夷の花が咲く。まだまだ風が冷たい。辛夷は多分もくれんの仲間だと思う。似たような白い花が咲く。ただかなり小ぶりなので、こっちのほうが、ずいぶんとかわいげがある。人の縁とは不思議だと思う。永く関わりたくてもぷっつり切れることの多いこと出会う人も少なくなった気はするが、いろいろとさみしい春のはじめなり。...
亡 い 人 も 集 う て お り ぬ 鍋 の 湯 気... モツモツもつ鍋! / hirotomo 知らなかった、長いこと。 あの子がずっとむかしに 死んでいたと。今日聞いた。 どうしたことか。なにが そんなに辛かったのかと。 この鍋を囲みなさい。貴方 のことを話している。みん な心配している。...
サー カ ス の う し ろ は い つ も 大 枯 野... circus / potaufeu むかし矢野サーカス、キノシタサーカスはたしか今もあるようです。何故か哀愁を感じるのです。ボリショイサーカスには、そんな感傷は感じなかったのですが、日本のサーカスは、どんな人が、いくつの頃から、どんな稽古を積んだのだろうとか、どうしてもむかしのイメージが払拭できない...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください