お に ぎ り の 二 つ 出 来 れ ば 紅 葉 狩

おにぎりの ふたつでくれば もみじがり

お花見も紅葉狩も、有名な場所まで出かけることはないと思うのです。
近くの公園のベンチで充分です。
おにぎりを食べる時間があれば、そんなに長居することもないのです。
秋の日和を感じ、風を感じ、紅葉の進み具合を確認して、帰って来るだけです。
これでも小さな紅葉狩です。

この句も読まれています。

山笑う 運の悪さと 恨み節 随分むかしの、情けなかったことや、理不尽なこと。 忘れられない、様々なこと。 山笑う。 今が大事。これからが大切。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
盆 の 浜 常 世 の 波 の 寄 せ 返 し ぼんのはま とこよのなみの よせかえし トコヨ。 お釈迦さまがおいでになるところ。 あの世。 盆には、亡くなった人びとが帰って来ると云います。 寄せては返す波も、遠い世界の波かもしれない。...
春燈(はるともし) 石の畳の 雨映す(うつす)... ぼんやりと、玄関先の道を照らす門灯は、まん丸い形で、四角い門柱の上にのっている。 古い家で、何処かの神社のお護りらしい、猿のお面が、玄関戸の上にかかっている。 春の雨が、もう長いこと降り続いて、止む気配もない。 石畳みの坂道を、降る雨を、ぼんやりと灯りが照らす。 よかったらクリックください。励みにな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください