お に ぎ り の 二 つ 出 来 れ ば 紅 葉 狩

おにぎりの ふたつでくれば もみじがり

お花見も紅葉狩も、有名な場所まで出かけることはないと思うのです。
近くの公園のベンチで充分です。
おにぎりを食べる時間があれば、そんなに長居することもないのです。
秋の日和を感じ、風を感じ、紅葉の進み具合を確認して、帰って来るだけです。
これでも小さな紅葉狩です。

この句も読まれています。

昭和かな 肝油ドロップ 柿落葉 職場の物置で肝油ドロップの缶を見つけた。男の子の顔がでっかく写真でついていて、バックの色は黄色。 写真覚えて、載せられるようにしよ。その缶、今私のボールペン立てになっています。そのうちこそっと持って帰ってこよう。...
故 郷 は 路 地 の 奥 な り 立 葵 ( たちあおい )... たちあおい / snak 子供の頃遊んだところは、大人になってみると、驚くほど狭くて小さいとこだった。 道路と思っていたとこは道というか路地、小さな家が昔とおんなじに並んでいる。 アパートにもならず、昔のまんまの家々があるのはうれしい。 家のまわりは、いまでは見ることのない、名前は知らない紅い実の...
虫の声 夢の続きの 入り(はいり)道 夜中に目が覚める。 いっぱいの秋の虫の合唱で、ふたたびまどろむ。
冬木立 深い孤独に 身を寄せて すばらしかった秋の紅葉ももうお終い。すっくと立った大木はもうすっかり葉を落として、枝の先まで見通せる。寂しいと思うことがある。さみしさには強いつもりだけど、ときどきどっと来る。だからってどうしようもないんだけど。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください