お に ぎ り の 二 つ 出 来 れ ば 紅 葉 狩

おにぎりの ふたつでくれば もみじがり

お花見も紅葉狩も、有名な場所まで出かけることはないと思うのです。
近くの公園のベンチで充分です。
おにぎりを食べる時間があれば、そんなに長居することもないのです。
秋の日和を感じ、風を感じ、紅葉の進み具合を確認して、帰って来るだけです。
これでも小さな紅葉狩です。

この句も読まれています。

秋台風 おかしなスパン 感じ取り 職場の空気が変わった。 昨日まで、どうにか親切だった人が、攻撃に転じた。 管理者もそれに乗る。 疲れてるなら、帰ったらと言われた。 わたしは疲れたなんて言ってない。 このパターンは覚えがある。 どうすれば乗り越えられるのか。 暗い顔をしていては、火に油を注ぐ。 おそらくたんたんと、媚びず、平然と、 ...
講 釈 も ま ず 歯 を 入 れ よ 小 正 月... こうしゃくも まずはをいれよ こしょうがつ 小正月。 一月の十五日前後のことらしいです。 アズキかゆを食べたり、かゆ占いをする地域もあるとか。 オンナ正月と言って、忙しい主婦をねぎらう意味もあるらしい。 とにかく正月も過ぎて、世の中は通常に戻りました。 歯医者も営業を始めました。 ごち...
宅 地 よ く 売 れ し 冬 ざ れ 吉 野 ヶ 里... たくちよく うれしふゆざれ よしのがり 弥生時代の広大な遺跡が発見された吉野ヶ里。 発見した功労者が、雷に打たれて亡くなるという悲惨なこともありました。 当時、田んぼしかない田舎町だったところは、今佐賀市と鳥栖市の中間に位置していることに目をつけられ、ベッドタウンとして急速に宅地化が進んでいま...
水 引 草 て っ ぺ ん の 一 粒 は 愛 みずひきそう てっぺんのひとつぶは あい 世の中に、「愛してる」が溢れかえっているようで、気に入らないのです。 そもそもいつの頃から、日本人は「愛してる」なんて言うようになったのでしょう。 好きとか、いつもアナタのことを考えていますとか、アナタを想うと眠れないとかと、愛してるは、別物だとおもう...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください