あでやかに そろうて見せる 唐辛子

唐辛子を縄でくくって、きれいに並べて、まるで作り物のようです。
色も大きさも微妙に違うのに、並べると絵を描いたみたいに、素敵です。

この句も読まれています。

豆 腐 屋 と 蕎 麦 屋 潤 し 雪 解 水 脊振の中腹、今建設中の五ケ山ダムより更に上に豆腐屋と蕎麦屋があります。 どちらも水を大量に、それも質のいい水を求めます。 豊富な湧き水があり、知る人ぞ知るです。 大きなダムと道路が、山を谷を分断することが残念です。...
真 贋 ( しんがん ) の 怪 し さ 忘 れ 春 の 雪... 茶碗。 本阿弥光悦作の名品だって。 ニセモノだろう。 そうに決まっている。 まったくうちの婆さんほどの見栄っ張りは見たことがない。 わかっていて嘘をつく。 見栄っ張り。 この劣悪な遺伝子は確実に受け継がれている。 しょうもない家なのに、遠い遠いはるか遠くの血すじの人間の自慢話をする。 何処の家にも、...
叩くなよ いつか仕返し 梅雨の夢 ずいぶんと理不尽なことで、叩かれて育ったものだ。ずいぶんな時間を震えおののいて過ごしたものだ。返せ。わたしの心を。おびえた時間を。「人を許すことで、あなたも救われるの。仕返しなんて考えても、むなしいだけだわ。その人の幸せを心から願えるようになったら、あなたは大きな人間になれる。」 ふざけんな。仕返し...
意思あるごと 缶の転がり 冬の暮れ 風に押されて、からからと音を立てて空き缶が転がる。 アスファルトの道。止まったかと思うと、また進む。 まるで誰かが蹴っているように。 冬の夕暮れはさみしい。 まして今日のように、冷え込んで、空が低い日には、 公園を散歩する人影も見ない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください