あでやかに そろうて見せる 唐辛子

唐辛子を縄でくくって、きれいに並べて、まるで作り物のようです。
色も大きさも微妙に違うのに、並べると絵を描いたみたいに、素敵です。

この句も読まれています。

新緑を 眺めおんなじ 話聞く いつもいつもおんなじ話。 「その話は聞いた」とも言えず、窓の外に溢れる緑を眺めている。 よかったらクリックください。励みになります。...
きき酒の 盃(さかずき)持ちて 徘徊す... いよいよ秋の到来です。毎年の新酒会に今年も行きました。小さな盃を100円で買って、次から次、今年のしぼりたて新酒を試飲して回るのです。係のお姉さんは、一瞬また来たかって顔をするのですが、なにせ小さい小さい盃ですから、注いでくれます。わたしは日本酒は苦手なのですが、今日だけは飲まねばなりません。にごり...
白露なり 深呼吸する 草を踏む 暦のうえでは、白露というらしい。 わたしは二十歳のころから、夏がとても苦手で、夏ばてのたびに、なにか病気かと病院に行ったり したものです。 げっそりやせたり、やつれたりします。 それだけに秋の空気が待ちどうしいのです。 昔は10月の7日ごろには長袖のカーディガンなど着たものですが、 最近は温度がなか...
雨 降 り て 睡 蓮 永 劫 定 ま り ぬ water lily / Crystalline Radical しょうしょうと降る雨のなか池や沼地の睡蓮を 見ることが好きです。 やまない雨、時が止まったように感じるのです。 変わることのない安定感があります。 明るくなくていいのです。 色とりどりでなくていいのです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください