黄 落 や い る は ず も な し こ ん な と こ

こうらくや いるはずもなし こんなとこ

真っ黄色に染まったイチョウの葉が、はらはらと散り一帯は黄金色。

空は高く秋の碧い空。

逢えるはずなどないのに、似た人影を見つけてしまったり。

この句も読まれています。

沙 羅 の 花 無 か り し 縁 と 諦 め よ... しゃらのはな なかりしえんと あきらめよ 縁あって知り合ったと勘違いもはなはだしい恋愛は、この世に星の数ほどあるものです。 ほとんどは間違っている。 あきらめることの辛さを知ることも、その後の人生には必要で、想いを深くするものです。 今は辛いけれど、淡々と粛々と為すべきことを行うことしか、処方は...
彦 星 や 今 宵 は 仕 事 と 言 ひ お い て... ひこぼしや こよいはしごとと いいおいて 一年に一回の逢瀬が、何年も続くなんて、人の世では、一部の変わった人を除いてあり得ないと思うのです。 一年は長い。 年もとる。 よそ見もする。...
秋 茄 子 (なす) の 棘 (とげ) 朝 の 水 の 冷 た し... もう朝は涼しくて、茄子を洗う 水は、秋の水。味噌汁にしよう か。新しい茄子は、紺の色が深 くて、ヘタの棘(とげ) は鋭い。 薄く切って、冷たい水に晒す。 薄揚げと合うだろうか。この頃 は、年のせいか、あまり実だく さんのものより、ふたつみっつ の具材の味噌汁が淡白で美味し い。...
花 を 見 て い つ し か 人 を 弔 ( とむろ ) う て... 桜10 Cherry blossom / "KIUKO" 満開の桜。 大勢の花見客に混ざって歩きながら、人は意外といろいろなことを思い出したりするものらしい。 思いもよらない人が浮かんだり、それで少しだけ寂しくなったり。 この咲き誇った桜の下で。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください