黄落は 降り余る輝き 悦楽の

銀杏やプラタナス、黄色い葉が次から次へまるで黄金の雪のように降りそそぎ、散り敷く様を黄落というらしい。並木道のように、同じ種類の落葉樹が並びいっせいに紅葉し、散り行く様はあるようでない、見られるようでめったに見られないもの。大宰府の四王寺山の古い登山道、狭い道ながら紅葉の季節は格別。わたしはあまりどこへも行かないし、世の中を知らないからいつもローカルでちょっと情けない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください