麦 を 蒔 く 日 の あ る う ち に 暮 れ ぬ う ち

むぎをまく 日のあるうちに 暮れぬうち

ついこの頃稲刈りが終わったばかりだというのに。
稲刈りが済んだ田を鋤き起こして、塊になった土くれを砕き、畝を再びたて、麦を蒔くのだそうです。
蒔く麦には、消毒がなされていると聞きます。
早すぎても、遅すぎても其れなりの病気に罹ること多く、時機を見極めることが特に大事だとのことです。
それに深さも気をつけねばなりません。
深すぎると病気に、浅すぎるとカラスや雀に啄ばまれることになります。
休む間のない農作業です。
日暮れの早い秋のひと日。
もう暮れかかった田圃にまだ人影が見えます。
この作業が終われば、発芽するまでのひととき、ようやく田圃に人影は見えません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください