麓 よ り 這 い 上 が り 来 る 宵 の 秋

ふもとより はいあがりくる よいのあき

釣瓶落としの夕暮れは、ふもとの村からじわじわと山頂のモミジに向かって進むようです。

ロープウェイの最終便に乗り遅れないよう、じゅうじゅう注意です。

闇は恐ろしいほどの大きさで、迫ってきます。

この句も読まれています。

出 水 市 つ る 観 察 セ ン タ ー 鳥インフルエンザで、世の中に警戒警報が発令された状態にあるのに、まだ餌を撒いているのだろうか。 見渡す限りツルだらけ。 12,034羽のツルがいるとのこと。 野鳥の会のメンバーが手分けして数えているらしい。 出水市周辺の養鶏場は平気なのか。 あの悪夢を忘れたのか。 そんな筈はないと思う。 それとも鶏...
気を入れて 文(ふみ)書きもする 朧(おぼろ)の夜... moon / wonderferret 礼状を書いた。わたしはこの先 何通の手紙を書くのだろう。お そらく十通に満たないのではな いか。だとしたら、貴重な一通 になる。もう縁が切れてしまう 人への礼状。文面は当たり障り のないものにはなるけれど、ど うかお元気で、くつろいだ人生 がありますように。い...
叩くなよ いつか仕返し 梅雨の夢 ずいぶんと理不尽なことで、叩かれて育ったものだ。ずいぶんな時間を震えおののいて過ごしたものだ。返せ。わたしの心を。おびえた時間を。「人を許すことで、あなたも救われるの。仕返しなんて考えても、むなしいだけだわ。その人の幸せを心から願えるようになったら、あなたは大きな人間になれる。」 ふざけんな。仕返し...
寒 夕 焼 水 平 線 を 発 信 源 用事を済ませて帰ろうと外に出た。 冬の夕焼け。 空気が冷たいから、より発色がいいような気がする。 出どころは海。 海の彼方から扇状に広がって、青空と雲を巻き込んで茜色。 もう間もなく早い夕暮れが迫る。 この空に逢えて、今日はよかった。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください