鳥 渡 る 海 へ 出 る と き 躊 躇 な し

とりわたる うみへでるとき ちゅうちょなし

渡り鳥の習性なのだから、どうということもないのだろうけれど。
思い切ってさあ、というふうでもなく、止まり木のない大海原へまっしぐら。
出ると決まれば、そうするのでしょう。
習性というものなのでしょうか。
あたしはどうかな。
こうすることしかできないときは、流れに任せるしかない。
年のせいか、このごろは「この難局をなんとかせねば」などとは思わなくなりました。
一呼吸つくことの大切さを、もしかしたら少し会得したのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください