鞦 韆 の 鎖 の 熱 や 更 け て な お

しゅうせんの くさりのねつや ふけてなお

しゅうせん、ブランコの俳句言葉です。

一日中猛暑に灼かれ、持ち手のクサリはさわれないほどです。

夜になり、少しは過ごしやすくなり、ゴミ出しのついでに、ちょっと腰掛けてみると、満天の星。

クサリはさわれないほどではないけれど、まだかなり熱をもっています。

炎暑だし、最近の子どもは外で遊ばないし、ブランコなんて見向きもしません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください