露 揺 れ し 滑 り や す さ に ま た 滑 り

つゆゆれし すべりやすさに またすべり

道端の草にも、シュウメイギクの葉にも、秋は朝霧が降ります。

大きな水玉は、見るからに不安定で、ぽたりと落ちそうで落ちないと思ったら、耐えられずに落ちた。

ひとつひとつで、全体の均衡がとれていたものだから、崩れるともうつぎつぎ。

日が照り出すと、いっせいに消えてなくなる。

この句も読まれています。

春霞 鉄路の果ての 菜の黄色 線路はいい。遠くに菜の花畑。黄砂かかすみか、もやーっとして、もうというかようやく春が来た。
木 守 柿 雲 の 流 る る う ち に 熟 れ... 来年もまたたくさん柿がなりますようにとの願いを込めて、柿は全部は収穫せず、一番高いところの二つ三つを残す。 秋の高い空、流れる雲、そして時雨。 そうこうしているうちに、いつの間にか忘れてしまい、いつの間にか消えてしまう。鳥がつついたのかもしれない。...
誰 居 ら ぬ 出 水 の 生 家 父 母 の 顔... たれおらぬ でみずのせいか ふぼのかお 老親はとうに他界し、生まれ育った故郷の家に今は誰もいない。 堤防が決壊し、町に大量の水が流れ込んだとテレビの情報に心が痛みます。...
打ち水で 小さきぼろ屋 凛として 玄関先に打ち水をするのは、すがすがしいものです。 わたしは、家は古くて小さくて、庭も狭くても、 なんとなく手入れのいい家に、つましさや居心地のよさを感じます。 木造、築30年、低いブロック塀、紫陽花やコデマリややつでのある日当たりのいい家… 意外とありそうでないものです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください