露 揺 れ し 滑 り や す さ に ま た 滑 り

つゆゆれし すべりやすさに またすべり

道端の草にも、シュウメイギクの葉にも、秋は朝霧が降ります。

大きな水玉は、見るからに不安定で、ぽたりと落ちそうで落ちないと思ったら、耐えられずに落ちた。

ひとつひとつで、全体の均衡がとれていたものだから、崩れるともうつぎつぎ。

日が照り出すと、いっせいに消えてなくなる。

この句も読まれています。

水草も がまの穂もみな 時雨おり 時雨の雨は冷たい。 雨が顔にくっついて離れなくて冷たい。 まんべんなく、まんべんなくここもそこも雨が降る。 沼の水草も、真ん中の中洲に生えたがまの穂にも、いつまでもいつまでも 降りつづける。...
睡蓮の 咲くも枯れるも 静かなり 大きなため池の真ん中辺りに睡蓮の花。 けっこう群生している。 人はわきの道から、遠目に見ることになる。
え つ 漁 の 客 行 き 交 ふ て 船 頭 傘... えつりょうの きゃくいきこうて せんどがさ エツは、筑後川でしか採れない、うつくしい魚です。 形はナイフのように研ぎ澄まされています。 えつ漁は、五月から七月初旬までとされます。 絶滅危惧II類に指定されており、守っていかなければいけないのだそうです。 遥かむかし、筑後川の船着き場にいた、みすぼ...
おろおろと 春の日暮れの 大根の花... 春の陽は、おろおろと暮れる。暑いのか寒いのか、風は吹いているのかいないのか、日は止まったように一定で、ある時を境に、つんのめったように暮れてしまう。その時を確かめようとするが、難しい。ただ白い大根の花が、薄暗闇にほわっと浮き上がって見える。遅い春は、大根の花が美しい。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください