霧一枚 晴れても里は 霧の中

深い霧は、幾重にも降りた霧に包まれたよう。
一枚や二枚の霧が晴れたところで、真髄はまだしっぽりと里を包み込んで
微動だにしない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください