霜 の 声 そ う あ の 時 が 分 水 嶺

しものこえ そうあのときが ぶんすいれい

日本列島は主に日本海と太平洋側にわかれています。

降った雨は、どちらかに分かれます。

その境目は必ずあります。

それらのすべてを分水嶺と言うのだそうです。

そのことにこと寄せて、物事の方向性が決まる分れ目の例えとして使われます。

そのさなかには、ただの成り行きとしか思ってなくても、後になって、あゝあのときが分れ目だったのか、もっと慎重になるべきだったと後悔すること多々あります。

そのときに戻ってやり直すことはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください