震 災 に 止 ま り し 時 計 の 針 哀 し

震災の時を知らせる、その時刻で止まった時計は、悲しみの時を告げる。
原爆で止まった時計を見たときも、同じように感じた。
その時刻で止まった時計は、日常がそこで分断されたことを、それまでは変わることのない日常があったことを、向き合う人に訴える。
大きな震災遺構と同じというか、それよりも大きく心に訴えかけるような気持ちがしてならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください