雪 も 泣 く 月 も 泣 く な り わ れ も 哭 く

月
月 / pika1935

年をとるにつれて、人には言えない哀しさが身を包むことが増えるような気がする。明るいと言われるけれど、暗い鉛玉のようなものを、いつも胸の奥に転がしている。何にもないときには、右に左に適当に転がって、意識することもないのだけれど、ひとたび傷ついたり、つまづいたりすると、鉛玉は、嘘のように重みを増し、嵩を増し、なかなか立ち上がることができない。困ったことだけど、今のところ、どうしようもないでいる。

この句も読まれています。

産 院 の 建 つ 春 田 な り 遺 跡 出 ず... さんいんの たつはるたなり いせきいず 隣町には、産婦人科医院が一軒もないらしく、今度ようやくできることになりました。 菜の花やえんどう豆やネギ坊主の畑をユンボが掘り返し、黒土の見るからに良い畑だとわかる土が出てきたと思ったら、そこで工事が止まってしまいました。 遺跡が出て、発掘調査が行われる...
枯 銀 杏 千 年 越 せ ば 神 と な る かれいちょう せんねんこせば かみとなる 落葉樹のなかでも銀杏は、遠くからひと目で、それとわかります。 どこまでも大きくなり、ほとんど左右対象に近い、どっしりと落ち着いた構えです。 根元に、説明文の碑が建ち、神格化されたか、鳥居が置かれたものまであります。 風雪に耐えた大樹は、盛りの季節も枯木にな...
黄落の 落葉ぬかるみ 足取られ 秋の雨が一面の落葉を打つ。 雨は次第に激しくなり、落葉はずぶずぶになる。 落葉があるために、下の様子がわからず、ぬかるみにはまる。 思うようにいかない。 iPhoneからの投稿...
選 ば ざ る 道 鬼 灯 が 思 ひ だ す えらばざる みちほうずきが おもいだす いつもは完ぺきに忘れているけれど、お盆が近づいて、赤いホウズキを見たり、 すっかり見なくなったジュズやカラスウリに偶然出逢ったり、 今年最初のススキが赤い色の穂を出したのを見たりすると、 選ばなかった道を思うことがあります。 どっちが正解だったかなん...