雨 止 み て 長 く 滴 り 釣 忍

あめやみて 長くしたたり つりしのぶ

「忍」は、シダで湿り気のある岩間や樹の幹に生えます。

その根をたばねて、針金などで形をつくり、軒の端に吊るし、青々としたシダや、流れる風の生む涼しさを楽しむむかしからの知恵です。

水を絶やさないよう気をつければ、長い期間楽しめます。

形を金魚鉢形や舟形にしたり、風鈴を下げたりします。

自然志向のステキなインテリア雑貨という風情です。

たっぷり雨水をたたえることができるので、雨があがってからも、しばらくの間雫が落ち続けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください