雨は雪に 気がかりは不安に 色がつく

深夜に目が覚めることがよくある。
降っていた雨が雪に変わったことを、ひどく寒くなったことと、気配で感じる。
夜は、人を愉快にはしないようだ。
漠然とあった小さな心配は、次第に確たる不安に成長する。
輪郭がはっきりと、そして色がつく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください