雛の日に 禍(わざわい)なければ 良しとする

雛祭り、親は、幸多かれと祈りを込めるのだろう。
わたしの経験では、幸せを願うなど、畏れ多い。
わざわいがなければ、それでじゅうぶん。
あんまり大きなこと、祈願しても…。
できれば健康で、日々粛々と送れれば、それはもう、大きな幸せ、大きな喜び。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください