雁 渡 る 海 へ 出 ず れ ば な お 高 く

かりわたるうみへいずれば なおたかく

高層ビルやマンション、電線など、団体で空を飛ぶには障害物が多い陸地を離れ、なんの妨げもない海へ出ると、いちだんと高く、そして隊列を整え、特に急ぐでもなく、悠然と遠い空を渡っていく。
旅立つに当たって、充分な準備がなされたのか、家族は無事か、鳥だから自分さえ元気ならそれでいいのか、元気じゃなくて、途中で挫折して死んだとしても運命だと受け入れられるのか、ぜんぜんわからないけれど、長い旅を、落ちこぼれることなく、元気で乗り切ってほしい。

この句も読まれています。

退 き 際 ( ひきぎわ ) は 美 学 で あ り ぬ 落 ち 椿... 椿は散るとき、首からぽろんと落ちるため、嫌う人も多いらしい。 家に植えるなとも聞きます。 最後まで綺麗に咲いて、朝見ると落ちていた、そんな散り方がわたしは好きです。 退き際というのは、人は教えてくれない。 「まだまだですよ。いろいろ教えてもらわなきゃ」なんて心にもないことを言う。 ほんとは「 いい加...
我ひとり 春の宴を 催せり 長い夜のはじめ、まだ暮れないうち、いちばんいい時間。サントリープレミアムと肴は何にしよ。無くてもいいんだけど。なまこ…カツオのタタキ…ブリのカマの塩焼きに大根おろし…。別に、毎週だけど。...
爛漫(らんまん)の 雨情枝垂(うじょうしだれ)の 雨に酔う... ソメイヨシノはおおかた終わりを迎えた。 今年の桜も見納めかと、思っていたけれど、雨情枝垂という花を知った。 野口雨情の名からとったそうで、白に薄い桃色の入った花片で、蕾のときは濃い桃色。 あの濃い色は、どこへいったのか。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
荒 星 や 肉 親 の 縁 薄 き と て あらぼしや にくしんのえん うすきとて 年寄りが言う、迷信のような言葉や言い伝えは、若いころは馬鹿にしてろくに聞きもしなかったけれど。 人にはそれぞれ、持って生まれた「さだめ」なるものがあるらしいとのこと。 ジムで、友だちになった呑み屋のママがサウナで言っていました。 もしかしたら当たっているのか...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください