雁渡る 過ぎし一夜の なんとも浅し

楽しかったあの一夜が、20年経っても忘れることのできない宝が、
あの人にとっては、つまらないというより、とるに足らない、思い出にもならないものだったなんて、
あたしはやっぱり馬鹿だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください