雁渡る 我が煮え湯を なぐさめし

秋のこの季節になると、毎年雁は渡っていくのです。
人生の瑣末なことなど、どうでもいいのです。
時の流れは大きくて、わたしはいつもさもしいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください