雁の寺 逃れられない 定めあり

水上勉 【 雁の寺】 昭和44年発行のこの文庫本を、もう茶色になって読みにくいこの本を、わたしはこの季節になると読み返す。人は降ろすことのできない荷物を背負って生まれるのだろうか。
与えられた環境で生きる術を探しながら、なんとか頑張るのだろうか。そうでもない人の多いこと。あしたも秋の雨が降るだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください