長 縄 跳 び 責 任 感 に 秋 見 え ず

ながなわとび せきにんかんに あきみえず

子どもの頃から、とにかく苦手なのです。
長縄跳び。
誰が失敗したか、すぐわかるからです。
失敗するわけにはいかないのです。
始めの方ならまあなんとか、でも回数が増えるに従って失敗できない重圧がかかってきます。
リズム感がイマイチなので、楽しむなんてことはあり得ないのです。
わたしとしては、参加することに意義があると思いたいのですが、世間はそうはいきません。
必死です。
なんでこんな思いしてまで、楽しい振りしなければいけないのかと思うけれど、子どもだから言えないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください