金 の 斧「 そ れ で す 」と 言 ふ 春 の 夢

きんのおの 「それです」というはるのゆめ

どこか外国のおとぎ話だったような。

キコリが湖に、自分のオノをうっかり落として、途方にくれていたところ、

美しい女神が現れ、金のオノを手に、「落としたのはこれですか?」

「いいえ」正直なキコリはクビを横に振りました。

次に出してきたのは、銀のオノ。

同じく否定すると、最後にキコリが落とした粗末なオノを出してきました。

それだと言うと、正直だと大いにほめられ、なんだったかとんでもなくステキなご褒美に

あずかるというお話。

どうしたことでしょう。

夢の中でわたしは、あろうことか、金のオノを見せられ、「それです」と

大ウソをついたところで目が覚めました。

この歳になって、このあさましさでは、幸せは来ないと実感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください