野 焼 き 待 つ 下 が れ下 が れ と 追 わ れ し も

のやきまつ さがれさがれと おわれしも

阿蘇の野焼きは壮大です。

はじめは、どこに火が点いたやらさっぱりなのですが、しだいに舐めるように走り出します。

煙はまだ見えません。

相当な時間を経て、ぐわっと燃え上がり、それは圧巻です。

危険のないよう、消防の方々の準備、ご苦労を思いつつ、ちょっとお手伝いなどしたい気分です。

においは長く残ります。

完全に鎮火して、さらにどしゃ降りの雨のあとまで、草の燃えたにおいは残ります。

やがてこの焼け跡に、草花が萌えるように育つことなど、この時点では想像もつきません。

この句も読まれています。

山笑う 矢車の花 葱坊主 山の緑がものすごい。こんなに緑の種類があったかと思う。3Dに切り替えたようだ。このごろようやく矢車草を見かけるようになった。一時はもう消えたのかと心配したくらい、ぱったりと姿を隠したものだ。春になったかと思ったら、もう蒸し暑い。べっとり汗で、シャツが張り付く。3人のうち一人辞めたので、急に仕事が増え...
群生の(ぐんせいの) 女郎花(おみなえし)今更 どうできず... 人生はやり直せるなんて、大きな大うそ。 過ぎた年月は取り戻せないし、変わってしまったことも、 そのまま引きずるしかない。 教訓を得て、少しはましな人間になったとして、 それがどうした。 忘れてしまいたい思い出が消えるわけでもない。...
雨 降 り て 睡 蓮 永 劫 定 ま り ぬ water lily / Crystalline Radical しょうしょうと降る雨のなか池や沼地の睡蓮を 見ることが好きです。 やまない雨、時が止まったように感じるのです。 変わることのない安定感があります。 明るくなくていいのです。 色とりどりでなくていいのです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください