野 焼 き 待 つ 下 が れ下 が れ と 追 わ れ し も

のやきまつ さがれさがれと おわれしも

阿蘇の野焼きは壮大です。

はじめは、どこに火が点いたやらさっぱりなのですが、しだいに舐めるように走り出します。

煙はまだ見えません。

相当な時間を経て、ぐわっと燃え上がり、それは圧巻です。

危険のないよう、消防の方々の準備、ご苦労を思いつつ、ちょっとお手伝いなどしたい気分です。

においは長く残ります。

完全に鎮火して、さらにどしゃ降りの雨のあとまで、草の燃えたにおいは残ります。

やがてこの焼け跡に、草花が萌えるように育つことなど、この時点では想像もつきません。

この句も読まれています。

薄 氷 ( うすごおり) 薔 薇 の 落 ち 葉 を 閉 じ 込 め て... 煉瓦の敷き詰められた歩道は、平らなようで穏やかな窪みがある。 凍りつくほど寒い朝、薄い氷がはっている。 そのすぐ上の、蔓薔薇の落ち葉を入れたまま凍りついている。 まるでわざと入れたよう。...
数 え 日 や ご っ た 返 し て 薬 取 り... かぞえびや ごったがえしの くすりとり 病院やクリニックは、おそらく年末は28日までです。 正月の休みに入りますから、お年寄りをはじめ、患者たちはクスリをきらさないように必死です。 そのうえ、インフルエンザの流行ですから、うつるんじゃないかと心配でもあります。 かくて普段の3倍ほどの人で、待...
去る人の わけもわからず 空を見る... 去る者は追わずをモットーにしてるけど、いったい私の何がいけなかったのか。メールが途絶えたのはなぜ? 気を使ってるつもりが、実は空気読めてないのか。悪気ぜんぜんないのに。友だちになれると思ったのに。まあ、しょうがない。...
水餅を 取るに肘まで 幼き日 昔は、今のような冷凍庫がなかったので、餅は 水に浸して保存したものです。 幼かった頃、その餅を取り出すのに、肘まで 水につかって、服の袖口が濡れて、冷たかったものです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください