野 焼 き 待 つ 下 が れ下 が れ と 追 わ れ し も

のやきまつ さがれさがれと おわれしも

阿蘇の野焼きは壮大です。

はじめは、どこに火が点いたやらさっぱりなのですが、しだいに舐めるように走り出します。

煙はまだ見えません。

相当な時間を経て、ぐわっと燃え上がり、それは圧巻です。

危険のないよう、消防の方々の準備、ご苦労を思いつつ、ちょっとお手伝いなどしたい気分です。

においは長く残ります。

完全に鎮火して、さらにどしゃ降りの雨のあとまで、草の燃えたにおいは残ります。

やがてこの焼け跡に、草花が萌えるように育つことなど、この時点では想像もつきません。

この句も読まれています。

折 れ た る も 端 座 し て お り 葱 畠... ねぎ / hiyang.on.flickr 長い畝の先の先まで、葱一色。よおく見ると、途中で折れ曲がったり、少し色が変わったものもあるが、きちんと整列して参加している。冬のはじめの風景です。...
田 芹 摘 む 葉 裏 の 艶 や 燦 々 と たぜりつむ はうらのつやや さんさんと セリは多年草です。 その気になって探せば、もうそこら中に見つけることができます。 春先のころは10センチくらいですが、本来はその何倍も丈が伸びるようです。 今ではふつうにスーパーで売っていますが、子どもの頃は自分で調達するしかなく、芹好きの父にせかされ...
物 故 者 に 黙 祷 か ら の 忘 年 会 ぶっこしゃに もくとうからの ぼうねんかい 今まで必ず出席していた人が、ウワサで体調が思わしくないと聞いたのは、半年ほど前のこと。 ちゃんと受診していたろうになぜと驚くやら慌てるやら。 想い出を語るほどには、時間が経っておらずただ驚くばかりです。 逢いたい人には、「そのうちに」などと悠長に構...
青蜜柑(あおみかん) 逢えて嬉しと 言われけり... 年寄りはなんでも言う。どうでもいいから、はっきりと、高らかに言う。 それでもいい。認めてもらうのは嬉しいこと。 わたしも誰かに言おう。「会えてうれしい」...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください