野焼きあり 懸案事項と 離別する

Open burning 野焼き
Open burning 野焼き / urawa

火をつける人も、火をつける機会など、そうそうあるものではないだろう。めらめらと燃え広がっているのはわかるけれど、はじめのうち炎は見えない。見えない炎が、見えないままに広がる様は恐ろしい。全ては消防の言うとおり。そんなに危ないなら、風物詩をやめて、仕事できっちりやっちっえばいいだろうに。しばらくすれば、この焼野に新しい草が芽生える。すべてをなかったことにして。一からやりなおし。焼きたくても焼くわけにはいかないものばかり。

この句も読まれています。

大 試 験 心 意 気 な り 大 増 便 だいしけん こころいきなり だいぞうびん 大試験、おかしな言葉ですが、冬の季語です。 今で言うセンター試験や、それに続く二次試験のことでしょうか。 バスはもちろんのこと、JRまで、普通なら停まらない電車を、最寄りの駅に止めたり増発したり、人生の岐路に立つ受験生を応援しています。 「そんなことで、人...
花粉症 ふんどしみたいな マスクして... 電車に乗った。花粉症なのか、風邪なのかでかいマスクを見た。笑いそうになって困った。
占 い は 当 て ず っ ぽ う な り 宵 の 春... うらないは あてずっぽうなり よいのはる 占いなんて信じてないくせに、美容院や歯医者に行くと、雑誌の占い欄は必ず見ます。 まず当たってない。 以前手相というものを見てもらったところ、生命線が途切れ途切れになっていると言われました。 とくに丈夫ではないけれど、今のところあまり困った状態ではない...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください