野焼きあり 懸案事項と 離別する

Open burning 野焼き
Open burning 野焼き / urawa

火をつける人も、火をつける機会など、そうそうあるものではないだろう。めらめらと燃え広がっているのはわかるけれど、はじめのうち炎は見えない。見えない炎が、見えないままに広がる様は恐ろしい。全ては消防の言うとおり。そんなに危ないなら、風物詩をやめて、仕事できっちりやっちっえばいいだろうに。しばらくすれば、この焼野に新しい草が芽生える。すべてをなかったことにして。一からやりなおし。焼きたくても焼くわけにはいかないものばかり。

この句も読まれています。

ご理解と ご協力して 夏を遣る 暑い夏をやり過ごさなければなりません。車の運転も苦痛です。あっぷあっぷです。
盆の日に 弔う人なく わびしくもなく... 墓参り、親戚回り、親族の集い、なーんにもしなくともよい。 所詮一人。 人などあてにはならぬ。
小 糠 雨 (こぬかあめ) 蒼 き す す き に 露 を 置 く... Silver Grass / 薄(すすき) / TANAKA Juuyoh (田中十洋) 九月の雨がやまない。もう何日降り 続いているだろう。長い夜のいつの 間に降り出したのやら、細かい雨は 露のように、出たばかりの若い芒の 穂に玉を置く。斑入りの茅(かや)も 知らぬ間に育っていて、すっかり秋 の...
スケッチの 大楠なぜか 屋根に生え... 観世音寺という由緒あるお寺があります。 そこでもスケッチ大会がありました。 大屋根のむこうにそびえる大楠、その雄雄しい姿を絵にしたものです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください