野焼きあり 懸案事項と 離別する

Open burning 野焼き
Open burning 野焼き / urawa

火をつける人も、火をつける機会など、そうそうあるものではないだろう。めらめらと燃え広がっているのはわかるけれど、はじめのうち炎は見えない。見えない炎が、見えないままに広がる様は恐ろしい。全ては消防の言うとおり。そんなに危ないなら、風物詩をやめて、仕事できっちりやっちっえばいいだろうに。しばらくすれば、この焼野に新しい草が芽生える。すべてをなかったことにして。一からやりなおし。焼きたくても焼くわけにはいかないものばかり。

この句も読まれています。

気がつけば 人想いおり 春時雨... 雨はいい。わたしは雨が降るさまを見るのが好きです。何にも考えてないつもりが、ふとした瞬間、ある人のことを考えてたりして、自分でもびっくりすることがある。あたしはそんなことからは卒業したのですから、今さら何を考えているんだろうと、自分に呆れたりするのです。...
覚 悟 な く 片 付 け ら れ し 春 炬 燵... かくごなく かたづけられし はるごたつ 朝夕がまだなんとなく寒くて、のらりくらりと片付けを一日延ばしにしていたら、 ある日とつぜん無くなっていた。 前もって聞いていれば、そのつもりでいることができるのだけれど、いきなりはちょっと。 身の置き場に一瞬困る。...
世の中に 耳の大きな 狐おり 人はそれぞれ。 考え方もまちまち。 無用心にぽろっとしゃべる馬鹿がおり、 経営側にチクる、体制派がおり。
月 夜 に は 守 宮 ( やもり ) の 腹 の 白 か ろ う... 守宮、むかしはいっぱいいた気がする。 ガラス戸に身体に不似合いな大きな吸盤をつけて、ペタッとくっついているのを、面白がって、内側から、鉛筆の先で、コンコンと叩いて脅かしてやろうとしたが、ずうずうしくて、なんてことない風情だった。 いまでも、いないわけではない。 とても珍しくなっただけ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください