野焼きあり 懸案事項と 離別する

Open burning 野焼き
Open burning 野焼き / urawa

火をつける人も、火をつける機会など、そうそうあるものではないだろう。めらめらと燃え広がっているのはわかるけれど、はじめのうち炎は見えない。見えない炎が、見えないままに広がる様は恐ろしい。全ては消防の言うとおり。そんなに危ないなら、風物詩をやめて、仕事できっちりやっちっえばいいだろうに。しばらくすれば、この焼野に新しい草が芽生える。すべてをなかったことにして。一からやりなおし。焼きたくても焼くわけにはいかないものばかり。

この句も読まれています。

万 緑 の 雫 も た ら せ 棚 田 ま で ばんりょくの しずくもたらせ たなだまで ダムに水が少ないと聞けば、いちばんに心配になるのは、棚田の田植えと苗の成長でしょう。 大規模な機械が入らないから、すべて手植えで植えたものです。 雨が降って、充分に潤いますように。 これ以上仕事が増えませんように。 この夏の暑さはひとしおだと聞きますから。...
花溢る 遠い日のこと 語りたし m満開の桜、浮き足立つようなこの光景を見ると、心が沈むことがある。もしかしたら私は一年中、誰かに話を聞いて 欲しいのかもしれない。今に限ったことではないかもしれないけれど、小さいころのことなんか、きちっと聞いてくれる  人がほしいと思うことの多い季節である。...
「大阪池田小大量殺人事件」の宅間守 【訂正】... 先日、佐木隆三著 「大阪池田小大量殺人事件」の読後感めいたものを書いたけれど、あまりに著者に引きずられた感が否めず、なんか自分の中で引っかかっていましたので、しばらく自分なりに考えて、訂正すべきは訂正したいと思ったわけです。 宅間自身の言葉 「素質、運、環境だけでは片付けようのない、故意に邪魔する...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください