野を走り 庵(いおり)たたけど 虎落笛(もがりぶえ)

さみしさのさまようような音を出す虎落笛。
走り回って、家々の戸をたたき、何処か入れてくれるところはないものかと
もがき苦しむ姿を思う。人間はきっと何処かに、心落ち着く場所があると
信じている。苦しんでも、かならず行き着くと信じている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください