里 山 が 釣 瓶 落 と し に 襲 ひ 来 る

さとやまが つるべおとしに おそいくる

まさに、往きはよいよい。

田舎道をちょっとそこまで、自転車で。

こんなにも早く、あっという間に日が暮れるのかとあらためてつるべ落としを実感しました。

ふだんは気にかけたこともない、そこら辺の小さな山は、秋の日暮れで、何倍も膨れ上がり両手を肩の上まで上げて迫り来るような気がするのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください