邪 鬼 払 う 一 尺 玉 に 夏 が 果 つ

じゃきはらう いっしゃくだまに なつがはつ

一尺玉・・・よくは知らないのですが、おそらく花火の中で、いちばん大きい。

夜空いっぱい、すき間がないくらい広がってしばらくその姿のまま、それからおもむろに崩れていきます。

小さな新型のものがたくさん打ち上がっても、一尺玉にはかないません。

こうして、もろもろの憂さとともに、夏が終わるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください