遺 影 あ の 笑 顔 そ の ま ま 冬 も み ぢ

いえいあの えがおそのまま ふゆもみじ

通夜の席です。

見慣れたいい笑顔です。

これでもうお別れかと思うと、自然に写真がよく見える席につきました。

読経はまるで、死者に言い聞かせるごとく、噛んで含めるごとく。

自分が黄泉へ旅立とうとしていることをわかっているのか、とても不安です。

山々を彩った紅葉はもうすっかり散ったのだけれど、

なかにまだ燃えるような色のもみぢをたまに見つけます。

冬もみぢです。

安らかであれと。

そしてできれば、家族を見守ってやってほしいと思うばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください