選 ば ざ る 道 鬼 灯 が 思 ひ だ す

えらばざる みちほうずきが おもいだす

いつもは完ぺきに忘れているけれど、お盆が近づいて、赤いホウズキを見たり、

すっかり見なくなったジュズやカラスウリに偶然出逢ったり、

今年最初のススキが赤い色の穂を出したのを見たりすると、

選ばなかった道を思うことがあります。

どっちが正解だったかなんてわからないけれど、選ばなかった方が輝いて見えたりもするのです。

ほんの一瞬で忘れます。

この句も読まれています。

我ひとり 春の宴を 催せり 長い夜のはじめ、まだ暮れないうち、いちばんいい時間。サントリープレミアムと肴は何にしよ。無くてもいいんだけど。なまこ…カツオのタタキ…ブリのカマの塩焼きに大根おろし…。別に、毎週だけど。...
何事も なかった街が 流れ行く 誰が苦しもうと、死のうと街は流れる。いつものように。わたしの苦しさも悔しさもどうでもいいこと。みんな知らないこと。知ったところで、どうでもいいこと。...
縄 張 り は 一 歩 許 さ ず 冬 の 鵙 なわばりは いっぽゆるさず ふゆのもず モズは、スズメの仲間だそうで、大きなアタマと丸みをおびた体を持ちます。 見かけによらず獰猛で、昆虫、蛇、カエル、小鳥やネズミにまで飛びかかり、くちばしと鋭い爪のある脚で捕らえるのだそうです。 さらに獲物を木の枝や杭や有刺鉄線などに突き刺して保存するというので...
薄氷(うすごおり) 薔薇の落ち葉は そのままに... What is hiding in the puddle? / pavlinajane 庭の窪みに氷がはった。ぱらぱらと散っていた 薔薇の落ち葉を閉じ込めて。踏めばバリッと音 をたてて砕けるのだけれど。今朝も冷えた。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください