選 ば ざ る 道 鬼 灯 が 思 ひ だ す

えらばざる みちほうずきが おもいだす

いつもは完ぺきに忘れているけれど、お盆が近づいて、赤いホウズキを見たり、

すっかり見なくなったジュズやカラスウリに偶然出逢ったり、

今年最初のススキが赤い色の穂を出したのを見たりすると、

選ばなかった道を思うことがあります。

どっちが正解だったかなんてわからないけれど、選ばなかった方が輝いて見えたりもするのです。

ほんの一瞬で忘れます。

この句も読まれています。

サ ル ビ ア の 紅 (あか) 独 り 身 に 染 み つ い て... 「サルビアの花」といえば、歌。 失恋したオトコのストーカーの繰り言。 ぼくの愛のほうがステキなのに〜なんてね。 独りよがり。 あんたなんか、鬱陶しいに決まってる。 色は幾つかあるらしいけれど、わたしが知っているのは、紅。 花の時期はうんざりするほど長く、正直枯れたところを見たことがない。 小さな細長...
散り落ち葉 はらはらと落つ 無人の駅に... 紅葉の時期が少しずつ移り変わるのは、美しい。 桜が散るのとはまた異なった風情で、しばし心豊かになれたような気がする。 無人の駅のホームにも屋根にも色とりどりの葉っぱが落ちる様はどこかなつかしい。...
半 眼 の 蟇 ( ひき ) な れ 現 世 泰 然 と... 慌てておろおろするのが、わたしの大きな欠点です。 直そうと思ってはいるのですが、まるで事故のように、人生が展開するものですから、あっと気づいたときには、いつものおろおろ対応になりがちです。 ヒキガエルは、他の蛙例えば雨蛙のように、餌をとるとき、飛びつくようなことはなく、舌だけを出して捕獲するそうです...
烏 瓜 咲 い て 彼 の 人 絡 め と れ からすうり さいてかのひと からめとれカラスウリ。あの紅い実からは想像もできない、美しい花を咲かせます。カラスウリ自体が少なくなった現在では、見ることは難しいかもしれません。白い五弁の花、それにまとわりつくような、白いレース状の糸。夕方から夜にかけて咲きます。幻想的な花です。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください