選 ば ざ る 道 鬼 灯 が 思 ひ だ す

えらばざる みちほうずきが おもいだす

いつもは完ぺきに忘れているけれど、お盆が近づいて、赤いホウズキを見たり、

すっかり見なくなったジュズやカラスウリに偶然出逢ったり、

今年最初のススキが赤い色の穂を出したのを見たりすると、

選ばなかった道を思うことがあります。

どっちが正解だったかなんてわからないけれど、選ばなかった方が輝いて見えたりもするのです。

ほんの一瞬で忘れます。

この句も読まれています。

し め 縄 に 稔 り の 稲 穂 そ の ま ま に... しめなわに みのりのいなほ そのままに 道の駅のしめ縄コーナーの端っこで見つけました。 稲穂をそのまま。 くるりと巻いて止めただけ。 あまりに質素で、華やかさもなく、でも考えてみれば、これがいちばん贅沢なしめ縄かもしれません。 お米がそのまま実った状態ですから。 むかしの人が見たら、もったいない...
色 溢 れ 惜 し み な く 降 り 紅 葉 渓... いろあふれ おしみなくふり もみじだに 窪地になった坂道を登ったり下りたり、上を見ながら歩いていると、紅葉の落ち葉が降るように落ちてきます。 赤だったり、黄色だったり、色様々で夢のようです。 すき間には高くて青い秋の空が見え、紅葉はいちだんと映えます。...
裏 木 戸 を 閉 ず れ ば 尚 に 虎 落 笛... うらきどを とずればなおに もがりぶえ 寒い寒い夜、木枯らしが吹きすさぶ。 電線や塀や土管などなんでも通り過ぎながら、泣くような、ときには悲鳴のような声を上げます。 身の置き場のない、切実な孤独感ととらえてしまうのです。 寂しさの極まったとき、人は黙るのか、泣くのか。 いろんな人の顔が浮か...
あ り し 日 の 貴 方 に 黙 と う 花 の 夜... Jūgatsuzakura "十月桜" / ai3310X 同窓会の始め、亡くなったあの子に黙祷。 遠い遠い、桜の日、縁あって、同じ学校、同じクラスで、二年の月日を過ごした。 遠くにいると聞いていた。 元気にしてると思っていた。 静かで、穏やかで、いい人だった。 こんなうるさくて、人間の出来ていな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください