遠 山 に 冬 木 引 き 倒 さ る る 音

とおやまに ふゆきひきたおさるる おと

「日向木挽」

宮崎県民謡。

山にこもって、木を切り倒すことを生業としている

木こりの苦労や寂しさを唄ったもので、

聞けば山々の重なる風景が目に浮かび、

木挽きの仕事の大変さが沁みるような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください