遠い日の 大根の花 こむらさき

ほんとにほんとに幼い日、私はままごとが好きだった。材料はいつも決まって、大根の花、春菊の花、大根独特のに
おいが懐かしく、大根を切るたびに思い出す。ほかにもいろいろあっただろうが、思い出せない。私は母親を5歳で
なくした、なくしたならまだいいのかもしれないが、5歳のある日から、虐待の毎日で、むかしの話ができる相手がいな
かった。大根の紫、大根のにおいは、育っていくうえで、お守りのようなものになった。なつかしいというより、いまでも
涙がでる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください