通 る な と 蝮 出 ま す の 立 て 看 板

とおるなと まむしでますの たてかんばん

田園地帯に大きな団地ができました。
誰も通らなかった畦道を、多くのサラリーマンが朝晩通るようになりました。
畦道だけならいいのですが、だんだん道幅が広くなって、踏みしだかれて、田圃の方にも被害が出始めたようです。

はじめは、「ここを通らないでください」という立て札が立ちました。
被害は収まらず、みんなその近道になる畦道を通り続けたと思われます。
「マムシが出ます。お気をつけください」は効き目があったようです。
大した知恵です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください