逆 回 り 賽 の 河 原 の 風 車

さかまわり さいのかわらの かざぐるま

この世とあの世を分ける三途の川。
その河原が、さいのかわらと呼ばれています。
河原の石を積み上げて、一定の高さにしなければいけないのだけれど、あるところまでいくと、鬼が来て壊してしまうそうです。

カザグルマは、水子もしくは幼くして死んだ子供の魂を慰めるため、賽の河原に突き立てられるものだと聞いています。

ところが見たところ、後ずさりするほどおそろしく、供養とは程遠い気がしてなりません。
苦しみから解放されないままの人々が、そこらじゅうのたうちまわっているようで、カザグルマは好きになれません。

この句も読まれています。

能 面 も も の の 怪 も 買 ふ 霜 夜 か な... のうめんも もののけもかう しもよかな 骨董市をのぞくのは、楽しいです。 尋常小学校の椅子を見つけて、今玄関にスリッパを乗せて鎮座ましましています。 能面や刀剣もあるようですが、こちらは年配の男性客ばかり。 むかし乙羽信子主演で、戯れにつけた面が取れなくなった映画を思い出して、飾る気にはなり...
濡れ傘を 干して舞い降る 落花かな... 花の下を、雨の中歩いた。 傘をさして。 干そうと、ジャンプ傘のボタンを押した。 花びらが舞い上がって、驚いた。...
あ り し 日 の 川 端 善 哉 ( かわばたぜんざい) 夏 の 果 て... ぜんざい / y_ogagaga 川端善哉・・・かつて、川端の商店街の中に店を構えて、無口な体格のいい多分おじさんとおばさんがやっていたと思う。 夫婦ではないと聞いた。 小豆は嫌というほどたっぷり入っていて、量も相当なもの。 お盆に載せなくて、おじさんが手で持ってきてくれるのだが、時々、親指が、善...
彦 山 線 長 き 隧 道 抜 け て 花 ひこさんせん ながきずいどう ぬけてはな 少しむかしまで、筑豊は日本有数の産炭地でした。 釈迦岳トンネル。 全長4km以上。 筑前岩屋駅と彦山駅の間。 すべて石炭を運び出すためだったそうです。 その前の金辺隧道で工事は難関を極め、会社の存続も危ぶまれ、幾多の変節を経て、今に至ったと聞きます。 すっ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください