逆 回 り 賽 の 河 原 の 風 車

さかまわり さいのかわらの かざぐるま

この世とあの世を分ける三途の川。
その河原が、さいのかわらと呼ばれています。
河原の石を積み上げて、一定の高さにしなければいけないのだけれど、あるところまでいくと、鬼が来て壊してしまうそうです。

カザグルマは、水子もしくは幼くして死んだ子供の魂を慰めるため、賽の河原に突き立てられるものだと聞いています。

ところが見たところ、後ずさりするほどおそろしく、供養とは程遠い気がしてなりません。
苦しみから解放されないままの人々が、そこらじゅうのたうちまわっているようで、カザグルマは好きになれません。

この句も読まれています。

待宵に 便りなどする 雨の降る わたしは手紙を書くのが好きです。 つたない文章ですが、心をこめて書きます。 一度にはなかなか言葉が思いつかないので、2,3日かかります。 じーっと考えてるわけではないのです。 引き出しに紙と鉛筆を入れておいて、思いついたときに、思いついた文章をちょろっと 書いておくのです。 とくに用事のない手紙は、...
喉(のど)詰めて 死ぬ人のあり よき季節(とき)に... 秋になり、紅葉も見られる季節になりました。人の人生、明日のことはわからないと、つくづく思います。介護施設ではよくあることみたい。表に出ないだけ。...
今はここ 雁渡り行く 明日は知れず... 今、わたしはここにいて、今日の日を過ごす。 雁が渡るのをここで見ている。 今日は今日の日常、明日は明日。 今日とさほど変わらないのか、変わるのか、ただ今はここでこうしていることをあらためて思う。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください