逆 回 り 賽 の 河 原 の 風 車

さかまわり さいのかわらの かざぐるま

この世とあの世を分ける三途の川。
その河原が、さいのかわらと呼ばれています。
河原の石を積み上げて、一定の高さにしなければいけないのだけれど、あるところまでいくと、鬼が来て壊してしまうそうです。

カザグルマは、水子もしくは幼くして死んだ子供の魂を慰めるため、賽の河原に突き立てられるものだと聞いています。

ところが見たところ、後ずさりするほどおそろしく、供養とは程遠い気がしてなりません。
苦しみから解放されないままの人々が、そこらじゅうのたうちまわっているようで、カザグルマは好きになれません。

この句も読まれています。

夏至過ぎて 日暮れの街の 石畳 日暮れが遅い、夕方が長いのは、とてもうれしいことです。 町中がセピア色、風はまだ涼しい。 猛暑の前の、つかのまのいい時間...
小判鮫 寒の水にも 増殖す 強い人間にぺたりと張り付いて、ご機嫌伺いばかりしている輩は、いつの時代にも、どこにもいるようです。 小判鮫は、寒さなんかに負けません。 わたしは、彼らとは、民族がちがうと、思うようにしています。 ただちょっと気になるのは、わたしは、小判鮫に反応しすぎていないかということです。 人がどう動こうが、関係...
日一日と 遠ざかり行く 松の内 別に子供じゃないんだから、正月が待ち遠しかったわけでもないけど、あっという間に、年末がすぎ、新年かと思ったら、もう一週間過ぎて完全に元どおりの生活が戻り、少し目を瞑っていた失業中という身分が、ひしひしと再び身に染みています。...
新築の 普請(ふしん)の止まず 春灯し(ともし)... 家を建てている。トンテンカンテン一日中 忙しそう。もう日が暮れかかっているけれ ど、止める気配はない。突貫工事か。ただ 寒くはない。春の夕方のあたたかい花曇。 大工さんも精が出るのだろう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください