足踏みて 開かぬ(あかぬ)踏み切り 寒の朝

寒い朝、風も冷たい。
さっきから遮断機は降りっぱなし、警報機はなりっぱなし。
右から、左から、もう何本通っただろうか。
たまに目を疑うことがある。
鳴り止まず、同じ方向から電車がくることがある。
のろのろ運転。
新しい駅が出来て、駅と駅の距離が縮まったため、駅に電車が入ると、遮断機が降りることになったようだ。
開かずの踏み切り。
足踏みしたいくらい寒い。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

烏 瓜 咲 い て 彼 の 人 絡 め と れ からすうり さいてかのひと からめとれカラスウリ。あの紅い実からは想像もできない、美しい花を咲かせます。カラスウリ自体が少なくなった現在では、見ることは難しいかもしれません。白い五弁の花、それにまとわりつくような、白いレース状の糸。夕方から夜にかけて咲きます。幻想的な花です。...
傘 さ し て ち ょ い と 茗 荷 を 三 つ 四 つ... かささして ちょいとみょうがを みっつよつ お昼はそうめんにする。 庭の隅のミョウガを要る分だけ採って来ます。 雨のなか、パキパキと折って急ぎ足で帰ってきます。 サクサク切れますが、いちばん外側だけは、ちょっと切りにくいのです。 そうめんにはいちばん合うと思います。...
雄 を 喰 む 音 聴 き た し や 霜 夜 酒... オスをはむ おとききたしや しもよざけ カマキリは、枯れ枝のような色になると、メスがオスを食べます。 共喰いと言いますが、オスがメスを食べることはないとのことです。 必ずメスが、オスを食べるのです。 だからおもしろいといえば、とてもおもしろい。 肉が付いてないのですから、血も出ない。 決...
ふたつ三つ 増えて植田の 心意気 100523_taue_akita / ivva そろそろ田植えが始まった。そのすべてが同じ日にとはいかないものの、確実に、着実に進んでいる。ちょっと見ぬ間に。水路の口は、開かれたり閉じられたり、都度都度有効に働くものらしい。今年もこの季節が来た。去年も、同じ場所で、同じ感動を覚えたものだ。不思議と...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください