足踏みて 開かぬ(あかぬ)踏み切り 寒の朝

寒い朝、風も冷たい。
さっきから遮断機は降りっぱなし、警報機はなりっぱなし。
右から、左から、もう何本通っただろうか。
たまに目を疑うことがある。
鳴り止まず、同じ方向から電車がくることがある。
のろのろ運転。
新しい駅が出来て、駅と駅の距離が縮まったため、駅に電車が入ると、遮断機が降りることになったようだ。
開かずの踏み切り。
足踏みしたいくらい寒い。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

冬 ざ れ を 覆 ひ 尽 く し て ク リ ス マ ス... 昼間の生活をすっかり覆い隠して、綺麗なイルミネーションが街を飾る。わたしはあまり好きではないけれど、多くの人はうきうきと心が弾むらしい。いつごろから、この樹々に金属を巻き付け、ライトアップするようになったものか。クリスマスはショーウィンドウと遊園地と部屋の中だけでいいのではと思ったりもするが、みんな...
月 の 船 採 果 終 は る を 労 ふ て つきふね さいかおわるを ねぎろうて 陰暦八月三日の月。 弦月のことです。 半月が、弓に弦を張ったように見えることから、この名が付いたそうです。 暑い夏、そして大きな災害、たくさんの作業を乗り越えてきた人も一樹に多くの果実を抱えた樹々もさぞやたいへんだったと思います。...
布団干し 種(たね)爆ぜ(はぜ)飛びて 鳳仙花(ほうせんか)... もう厚い布団が要るかと、天気のいい日は布団干し。 足下の鳳仙花、アタマ殴られて、種はぜて。
新 藁 (しんわら) の て っ ぺ ん に 積 む 憂 い ご と... 稲刈り / elmimmo 稲刈りが終わった。集めた藁を 積む作業の終わり。仕事の途中 には考えないようにしていた心 配事が、最後の瞬間、ふっと頭 に浮かぶ。どうしようもないな。 まったく、いつも。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください