足踏みて 開かぬ(あかぬ)踏み切り 寒の朝

寒い朝、風も冷たい。
さっきから遮断機は降りっぱなし、警報機はなりっぱなし。
右から、左から、もう何本通っただろうか。
たまに目を疑うことがある。
鳴り止まず、同じ方向から電車がくることがある。
のろのろ運転。
新しい駅が出来て、駅と駅の距離が縮まったため、駅に電車が入ると、遮断機が降りることになったようだ。
開かずの踏み切り。
足踏みしたいくらい寒い。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください