赤 ま ん ま 捨 て る わ け に は い か ぬ も の

110
110 / misawakatsutoshi

わたしには、捨てるわけには
いかない想い出がある。人に
話せば、色褪せる。実につま
らない郷愁である。わたしは
頼る人のいない、拠り所のな
い不安定な幼少期を過ごした
せいか、つまらない想い出の
風景は、親にも替わる意味を
持つような気がしてならない。
そしてまた、その想い出を共
有できる人間が、ひとりもい
ないのである。うまく説明す
ることもできないから、誰に
も聞いてもらったこともない。
この隙間風にどう対処したら
いいのかもわからないままで
いる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください