赤 の ま ま む か し 哀 し き こ と の あ り

あかのまま むかしかなしき ことのあり

赤のまま、赤まんま。

イヌタデのこと。

昔から子どもたちが、この花を赤飯に見立てままごと遊びをしたことから、この名で親しまれています。

道端、空き地など、どこにでも生える草です。

イヌタデの犬というのは、役に立たないものを意味するとか。

この花を見ると、まず秋が来たことを、幼い日のいろいろを、思い出したくないことまで思い出してしまう、困ったことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください