赤まんま 涙のごとき 露を負う

わたしは小さいころから、虐待をうけて育ちました。
継母は裁縫の得意な人で、裁断用の大きな裁ちばさみを持ってました。
感情にまかせて、叩くものですから、ときにはその裁ちばさみで叩かれたものです。
はさみは刃と刃が合わさったところに大きな瘤があります。
それが頭に落ちてきたときには、一瞬真っ白になって、まるでアメリカのアニメのように、
星☆がちらちら見えるのです。
大きな瘤ができて、何週間も痛いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください