赤まんま 幼き我が 手をつなぐ

自分ではどうしようもなかった、幼い日の自分に「よく頑張った」と言ってやりたいのです。
3歳の妹を連れて、あっちの親戚、こっちの親戚とさみしい思いをしたものですから。
あるときその家のいとこと妹が喧嘩したのです。
そのときわたしは「喧嘩しちゃだめだ。世話になってるんだから」と妹をたしなめました。
それを聞いて爺ちゃんが泣きました。
「五つの子どもがこんなに気を使う」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください