豆の花 電話切りどき のがします


bean flowers / hans s

電話と言うものが厄介なのか、
わたしという人間が、自分の
ことを無慈悲と思われないよ
うにというか、勘付かれない
ように、おかしな努力をした
結果なのだろうか。切りたい
電話を上手に切ることができ
ないことがある。ひどいとき
は、わざわざ外に出て、ピン
ポンを押し、「あっ誰か来た」
と言ってやっとこさ終わりに
できたこともある。情けない。
よほどわたしは、人にいい人
と思われたいのかな。

この句も読まれています。

新 涼 や 流 れ に 乗 る も ひ と つ の 手... うまくいかないことの多いこと。 がむしゃらばかりが能じゃないらしい。 なるようにしかならないなら、力を抜いて、流れに身を任せてみようか。 時間が、物事のありようを変えることだってあるかもしれない。 一発逆転なんてことは望んでいない。 心配ごとは、しばらく心の隅の「気になること置き場」において、まずは...
代 替 わ る ま で の 一 時 (いっとき) 空 き 屋 梅 雨... 八百屋 / beve4 長い時を経て、子どもを育て、学校を出し、その子どもが 働き出し、親は年をとり今はどうしているのやら。 家は古くなり、此処のところしばらくは誰も住んでない。 人が住まなくなれば、家は荒れる。梅雨の長雨は板塀に染み込み 庭は草がぼうぼう。そのうち代が替わり、また子育てが始まるだ...
雨上がり 若葉滴る(したたる) 喫茶店... この頃は一日おきに雨が降る。 植物は育ち、樹々は潤う。 最近は、バルコニーで珈琲が飲める喫茶店に、ごくたまに行く。 珈琲は苦いけど、日陰の戸外が気持ちがいい。...
天からの 紅葉を浴びて 金辺隧道(きべずいどう)... 福岡県の北九州と筑豊を結ぶあたりにある金辺隧道。 つまりトンネル。 もうとっくに使われていないけれど、煉瓦造りの 趣きのあるもので、樹々が生い茂るなかに、 大きな楓の木があり、今の季節は天からの贈り物のように はらはらと紅葉が散る。 わざわざ行く価値がある。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください