豆の花 電話切りどき のがします


bean flowers / hans s

電話と言うものが厄介なのか、
わたしという人間が、自分の
ことを無慈悲と思われないよ
うにというか、勘付かれない
ように、おかしな努力をした
結果なのだろうか。切りたい
電話を上手に切ることができ
ないことがある。ひどいとき
は、わざわざ外に出て、ピン
ポンを押し、「あっ誰か来た」
と言ってやっとこさ終わりに
できたこともある。情けない。
よほどわたしは、人にいい人
と思われたいのかな。

この句も読まれています。

百 年 の 恋 冷 む 形 相 ご き ぶ り 打 つ... ひゃくねんの こいさむぎょうそう ごきぶりうつ 「一匹見つけたら、二十匹はいると思え」 気をつけているつもりでも、築35年ではどうしようもないところもあって、見つけたら、むかしは噴射、でも体に悪そうで、今は新聞紙を丸めたのか、古いスリッパかとにかく命がけでやっつけなければなりません。 掃除機で...
柿落ち葉 過ぎて戻りて 一枚拾う 通りすぎて、わざわざ戻った。あまりにも見事な柿落ち葉。本に挟んだけど、どの本か忘れた。
幸あれと 祈りをこめて お雛さま... 私にもお雛さまがあった。何にムカついたか、まま母に捨てられた。 ばあちゃんが買った。まあるい顔をしてた…。...
紫蘇洗う 紅き色染む 気持ちして 赤紫蘇を洗う。そのままでは何ともないのに、何だか色が染まりそうな紅い色、思わず用心して、自分の手なんか見てしまう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください