諫 早 に 海 苔 の 筏 の あ り し こ ろ

いさはやに のりのいかだの ありしころ

いさはや湾、有明海の西岸からさらに奥の海。

むかしの呼び方、泉水海。

遠浅で、古くから干拓が行われてきたといいます。

泥干潟で、シチメンソウ、ウミマイマイ、タイラギ、アゲマキ、アリアケガニ。

すべてが死滅。

水質汚染が進み、悪臭を感じるようにもなったと。

汚染は有明海全体に広がる恐れもあるとの指摘。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください