詠みながら 始末書を書く 鰯雲(いわしぐも)

仕事の車をぶつけた。ブロック塀に。
ミラーが折れてしまった。
まったく不注意、しかしながら起きてしまったことは
しょうがない。
職場会議でさんざんごめんなさいしたあげく、始末書。
さっさと書いてはいけない。時間をかけてしみじみと書かなければ。
またワーワー言われる。
一行書いては、一句。また書いては一句。
われながら、ものすごい反省ぶり。
今日はこれを書いて終わりにしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください