言 ひ 足 ら ず 説 明 し 過 ぎ て 寒 の 水

言葉足らずで誤解を生んだのではないかと心配になって、ちょっと言い訳がましくなって言わなくていいことまで言い、こんなことまで自分のこと喋ることはなかったと後悔することがあります。
そんなときは、「今更悔やんでもしょうがない。これからは、挨拶以外は一生黙っていよう」と、思うのだけれど、そうもいきません。
年をとるだけで賢くもならず。
自分の欠点は重々承知しているものの、一歩も成長せず、何かと同じ種類の失敗を繰り返している気がします。
生まれ変われるなら、ちがう人間になりたい。
ついでにあの両親は、御免こうむりたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください