裸 の 子 顔 よ り で か い 西 瓜 喰 ひ

はだかのこ かおよりでかい すいかくい

わたしが子どもの頃、家には縁側があり、井戸で冷やしたスイカを、子どもはハダカで、果汁をこぼしながら食べたものです。
タネはぷんぷんとそこら中に飛ばし、お行儀の悪いこと。
どこの家でもそうだったとは思わないけれど、品のないウチではそうでした。

スイカは大きな網目の縄で編んだものに入れ、買って帰るか、毎朝リヤカーで売りに来る農家のおばさんから、トマトやキュウリといっしょに買うか。

糖度などというものはわからず、トントンと指を曲げて叩くか、おばさんのアドバイスに従うか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください