裏 木 戸 を 閉 ず れ ば 尚 に 虎 落 笛

うらきどを とずればなおに もがりぶえ

寒い寒い夜、木枯らしが吹きすさぶ。

電線や塀や土管などなんでも通り過ぎながら、泣くような、ときには悲鳴のような声を上げます。

身の置き場のない、切実な孤独感ととらえてしまうのです。

寂しさの極まったとき、人は黙るのか、泣くのか。

いろんな人の顔が浮かんでは消えます。

誰かに打ち明けようとか、助けてもらおうとか、甘い甘い。

相談すれば気が晴れるなんてウソウソ。

だまされてはいけない。

他人にはどうすることもできないことがほとんどだから。

それに、そんな優しいニンゲンを未だかつて見たことがない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください