衰 へ の ひ と つ ふ た つ を 忘 れ 霜

おとろえの ひとつふたつを わすれじも

人の老化は、ある日突然やって来るわけではありません。

ただ、それが本人には到底分かるものではありませんが、周囲の人が気がつくのはある日突然です。

そして身内がそれに気づくのは、ずっとずっとときが経ってからです。

「えっこんなだったっけ 」と一瞬呆然とするわけです。

たとえば、約束を大きく勘違いしていることに気づいたり、今までクルマを駐車場のどの辺りに停めたか、迷うことがなかった人が、死ぬほど歩き回って探したり。

急に攻撃的なことを言ったり。

大丈夫かと心配になるけれど、言うわけにもいかず、そうこうしているうちに進むのかと思うととてもさみしい。

大切な相談相手なのに。

この句も読まれています。

吾 亦 紅 見 取 図 に 付 け 母 の 部 屋... われもこう みとりずにつけ ははのへや ぜんぜん交流のないママ母がいます。 もともと小さな家の見取図の、台所の横に6畳ほどの部屋を、その気もないくせにたわむれに付けてみたり。 ふつうの家族ならこうするのかななどと思いつつ。 親子というのは、果てしなく厄介であります。 ホンモノでもいろいろあ...
地 卵 は あ ま り に 小 粒 秋 深 し じたまごは あまりにこつぶ あきふかし ニワトリに配合飼料ではなく、自然由来の餌を与え、さらに放し飼いで育てていることで有名な養鶏場で玉子を買いました。 玉子はすべて茶色で、とても小さく、殻もしっかりしたものでした。 これなら玉子かけご飯が食べられそうです。 ブロイラーの養鶏場では、温度もそして日...
果 て 知 ら ず 女 の 話 走 り 梅 雨 はてしらず おんなのはなし はしりつゆ まあよくしゃべることしゃべることわたしも含めて、女の話は尽きることがない。 ジムの玄関で、一休みのコーナーで、ロッカーで、着脱室で、サウナで、お風呂の中で、髪乾かしながら。 とにかくずーっと。...
乗 り 換 へ の 電 車 待 つ 駅 蔦 紅 葉... 石野駅 2013年1月9日 / Konstantin Leonov 待ち時間は、正直苦手である。寒いホームでは、なかなか時間が過ぎないし、特急が通過すれば、不愉快な風を受けるし。今日は、ホームの向こうの民家の石垣の蔦が綺麗に色づいているのを見つけて、ちょっと幸せだった。紅葉の盛り。もう来週には、無惨...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください