衰 へ の ひ と つ ふ た つ を 忘 れ 霜

おとろえの ひとつふたつを わすれじも

人の老化は、ある日突然やって来るわけではありません。

ただ、それが本人には到底分かるものではありませんが、周囲の人が気がつくのはある日突然です。

そして身内がそれに気づくのは、ずっとずっとときが経ってからです。

「えっこんなだったっけ 」と一瞬呆然とするわけです。

たとえば、約束を大きく勘違いしていることに気づいたり、今までクルマを駐車場のどの辺りに停めたか、迷うことがなかった人が、死ぬほど歩き回って探したり。

急に攻撃的なことを言ったり。

大丈夫かと心配になるけれど、言うわけにもいかず、そうこうしているうちに進むのかと思うととてもさみしい。

大切な相談相手なのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください