衰 へ の ひ と つ ふ た つ を 忘 れ 霜

おとろえの ひとつふたつを わすれじも

人の老化は、ある日突然やって来るわけではありません。

ただ、それが本人には到底分かるものではありませんが、周囲の人が気がつくのはある日突然です。

そして身内がそれに気づくのは、ずっとずっとときが経ってからです。

「えっこんなだったっけ 」と一瞬呆然とするわけです。

たとえば、約束を大きく勘違いしていることに気づいたり、今までクルマを駐車場のどの辺りに停めたか、迷うことがなかった人が、死ぬほど歩き回って探したり。

急に攻撃的なことを言ったり。

大丈夫かと心配になるけれど、言うわけにもいかず、そうこうしているうちに進むのかと思うととてもさみしい。

大切な相談相手なのに。

この句も読まれています。

躊 躇 し て 秋 扇 な お も 忍 ば す る... ちゅうちょして しゅうせんなおも しのばする 朝夕はめっきり涼しくなったけれど、昼間はまだクーラーの世話になっているこの頃です。 出かけるとき、センスを持って行こうかどうしようかと一瞬迷って、重いわけでもなし、バックに突っ込んで出かけました。...
い つ の 間 に 淘 汰 も あ り て 夏 の 庭... いつのまに とうたもありて なつのにわ 植物は、植えたものも雑草も強いものが残り、弱いものは消えて行きます。 植えた花も、雑草同士も同じです。 小さな庭でもせめぎ合いです。 玄関先の植え込みに、昔気質の職人さんが、ツツジを植えていたのが、ずーっと気に入らなくて、思い切ってばしゃばしゃと根元から切...
どこかにか 金木犀の あるらしく 香りのする木が好きです。 特に金木犀は、秋の高い空に良く似合います。 道を歩いていると、ふっと匂ってくる、幸せを感じる一瞬です。 ちいさなオレンジの花も、かわいいです。 以前あんまりいい香りに誘われて、金木犀を一枝、車に持ち込んだことがあります。 あふれるような秋を感じながらのドライブ、でもそのあと...
冬の暮れ 屋根重なりて 湯の町の 冬の夕暮れ、温泉の街の、あちこちから 湯煙があがっているのは、みているだけで 温まるような気がします。 ひなびた街は、黒い屋根の古い民家ばかりで、 新しいものは、何もない。 日が暮れる少し前の、いつもの風景。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください